会社案内

沿革

安藤鐵工所(1950年代)写真

安藤鐵工所(羽田時代)

1917年8月
(大正6年8月)
故取締役会長安藤熊五郎により、鍛工品の製造・販売を目的として、江東区深川千歳町にて安藤鐵工所を創業。
1941年3月
(昭和16年3月)
合名会社安藤鐵工所を設立
1965年5月
(昭和40年5月)
自社開発「リングローリングミル」を新設、本格的稼働を開始。
1980年10月
(昭和55年10月)
高萩工場第一期工事竣工、同時に羽田工場を閉鎖し、生産部門を全面移転。
これにより高萩工場は、鍛造・圧延・熱処理の素材生産部門の稼働を開始。
1989年3月
(平成元年3月)
旋回ベアリング完成品の製造を本格開始。
1992年9月
(平成4年9月)
「株式会社アンテックス」に社名変更。
1994年4月
(平成6年4月)
全自動リング鍛造熱処理ライン新設、本格的稼働を開始。
1999年10月
(平成11年10月)
ISO9001ロイドレジスターQAより認証取得。(高萩工場)
2004年6月
(平成16年6月)
「安鉄克思(上海)精密部件有限公司」設立。
2006年2月
(平成18年2月)
ISO14001ロイドレジスターQAより認証取得。(高萩工場)
2007年11月
(平成19年11月)
高萩第2工場竣工。中型旋回輪用新方案自動セル新設。
2010年9月
(平成22年9月)
高萩第3工場竣工。全自動リング鍛造熱処理ライン新設。
第2工場へ素材を供給する。
2012年8月
(平成24年8月)
ISO9001ロイドレジスターQAより認証取得(上海工場)